2014年2月3日月曜日

うんち教室報告_6~八丈島・後編~


■うんち教室実施報告⑥~八丈島・後編~■

【実施日】20131112日(火)~13日(水)

【実施校】八丈町立三原小学校、三根小学校、大賀郷小学校

 

うんち教室の準備も整い、山々がすっかり紅葉に染まった11月、ついに八丈島の子どもたちに会える日がやってきました。

 
730、羽田空港から八丈島に向けて出発です。
飛行機での移動に、期待と緊張が膨らみます。

日の出とともに出発です


2日目は午前中に街中の2校で実施するというとてもタイトなスケジュールでした。うんち王子は、マントをなびかせて学校を飛び出し、教育委員会の方と車に乗って次の小学校へ移動、急いで体育館に向かいスタンバイ。数分後には音楽に合わせて登場しました。

7年間うんち教室をやってきた中で、うんち王子の衣装ままで移動したのは今回が初めてでした。

 
========================================================================
  

【三原小学校】
島の南部にある、一番小さな学校です。13年生32名を対象に実施しました。うんち日記には、「これからトイレットペーパーをたいせつにします!」など、うんち教室で学んだことに取り組む声でいっぱいでした。

三原小学校


【三根小学校】

12年生65人を対象に実施しました。うんち日記に記録することで、キラキラうんちをするために「朝コップ一杯の水を飲む」子どもが増え、うんちが出ないときは家の人と何が足りないのか一緒に考えたようです。

三根小学校
 

【大賀郷小学校】
13年生74名を対象に実施しました。うんち教室後に、学校でトイレに入ってうんちをした時に「キラキラうんちだった!」と報告してくれた子もいたようです。子どもたちにうんちはいいこと、という意識が芽生えたという証ですね。
 
大賀郷小学校
 
 
うんちえんぴつ作りも大人気でした。

どの子どもたちも、笑顔がまぶしいです。

木のニオイがするよ!(三根小)
手のひらの絵具がきれいになったら上手にこねられた証拠!(三原小)
子どもたち同志で協力しながらえんぴつ作りは進みます(大賀郷小)
どんなうんちえんぴつができるかな?(大賀郷小)
ぼくのうんちえんぴつ、どう?(三原小)
うんちえんぴつのお披露目に得意気です(三根小)



子どもたちだけでなく、先生方も大きなインパクトを受けて、一緒に楽しんでもらえました。先生からは、地元の名産品の「サトイモ」や「はばのり」などを、食べ物の話のときに盛り込んでみてもいいかもしれないですね、とご意見も頂きました。
 
また、伊豆諸島最南端にある青ヶ島教育委員会の方たちもうんち教室に興味を持って見学に来て頂きました。
 
八丈島教育委員会が作成している食育読本「あしたば」の中では、将来一人暮らしをすることを見据え小さい頃から規則正しい生活習慣を身に付けることの大切を伝えています。うんち教室に参加した子どもたちがうんちの大切さを覚えていてくれるといいですね。



教育読本「あしたば」









0 件のコメント:

コメントを投稿