2014年1月27日月曜日

うんち教室報告_6~八丈島・前編~


■うんち教室実施報告⑥~八丈島・前編~■

 

うんち教室の募集がスタートする3か月前に、日本トイレ研究所に一通のメールが届きました。八丈島の教育委員会からでした。

 

八丈町教育委員会では平成20年に食育指針を設置し、食育の取り組みや食育推進活動事業として、八丈島の食べ物について学ぶ活動を行っています。その一環として、生活習慣を身に付けることの大切さを楽しく子どもたちに伝えるために、うんち教室をぜひ実施してほしい、というメールでした。

 

生活習慣をうんちから学ぼうという熱い思いに心を打たれ、うんち教室実施パートナーの王子ネピアの担当・大堀さんにこのメールを伝えました。王子ネピアの方々にも共感いただき、実施することが決定しました。

 
八丈島は、東京の南に浮かぶ伊豆諸島の島の一つで、行政区分では東京都八丈町です。二つの火山によりできたひょうたん型の島で、人口は8,016人(H26.1.1現在)です。暖流である黒潮の影響を受け高温多湿であり、「常春の島」とも言われています。



八丈島の位置



八丈島での活動をお伝えする前に、今回、うんち教室グッズをリニューアルしたのでご紹介します!

 

4種類のうんちと生活習慣についてのパネルのサイズを大きくしました。
 
 
大きくて見やすくなりました
 
 
食べ物に詳しいお姉さんの衣装にカラフルなエプロンが加わりました。




野菜のマスコットがついています
 
 
後編では、当日の様子をお届けします、お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿