2013年12月24日火曜日

うんち教室報告_4


■うんち教室実施報告④■

 
【実施日】2013108日(火)

【実施校】川崎市立川崎小学校

 

20131校目は、神奈川県川崎市立川崎小学校にて2年生112名を対象に実施しました。
川崎駅前の喧噪から少し離れた所にある川崎小学校は、創立140周年の小学校です。「上を向いて歩こう」で有名な故・坂本九さんの母校です。


学校の入口にある看板



2年生が主に使用しているトイレはほとんどが洋式ですが、3年生からは和式トイレを使用することになるため、使い方に不安があるとのことです。今回のうんち教室では、うんちの大切さに合わせて、和式トイレの使い方も伝えます。

王子ネピアの大堀さんより『nepia千のトイレプロジェクト』のお話をして頂きました。『千のトイレプロジェクト』とは、ネピア製品の売上の一部で『ユニセフの東ティモールにおける「水と衛生に関する支援活動」』をサポートする取り組みです。東ティモールの映像に、子どもたちは興味いっぱいです。

 
王子ネピアの活動の紹介


子どもたちの「うんち王子ー!!!」の呼び声と共に、うんち王子の登場です。


うんち王子登場!
 
 

キラキラうんち、カチカチうんち、ドロドロうんち、ヒョロヒョロうんちの4種類のうんちの紹介、いいうんちをするための3つのポイントについてお話をして、小腸の特徴を細長いホースを使って説明します。

 
 

4種類のうんちの紹介


ながーい小腸に子どもたちもびっくり
 
 
学校からリクエストのあった和式トイレの使い方を学び、前半のお話は終了です。
 



和式トイレの使い方
 
 
後半はうんちえんぴつ作りです。うんちみたいな茶色の粘土に、子どもたちは緊張の面持ちですが、すぐにえんぴつ作りに夢中になり、笑顔と笑い声であふれてきます。
うんち教室実施後に1週間「うんち日記」をつけてもらうのですが、中には「きらきらうんちが出るようになった。うんちおうじありがとう」と書いてくれた子もいたそうです。
うんち教室をとおしてうんちを好きになり、トイレから健康を考えられるようになると嬉しいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿