2013年12月10日火曜日

ブログ再開!


日本トイレ研究所と王子ネピアは、「排泄は命や健康とつながっている」という思いで、いいうんちをすることの大切さを伝える「うんち教室」を首都圏内の小学校を対象に2007年から実施しており、今年で7年目となります。


「うんち教室」活動は、大きく3つに分けられます。
 

①うんち教室
王子ネピアと日本トイレ研究所が、小学校に訪問して実施する出前教室です。新たな仕掛けやコンテンツを生み出し、先生によるうんち教室などに反映しています。

 
②小学校の先生によるうんち教室
より多くの子どもたちにうんち教室を届けるため、2009年から年に1回、うんち教室実施のノウハウを学ぶ「うんち教室研修会」を実施しています。研修会に参加した先生に自身の小学校にてうんち教室を実施してらいます。

 
③大学生によるうんち教室
「うんち教室」という活動を大学生にも体験してもらおう、という思いを込めて、2012年から大学生が実施するうんち教室を実施しています。基本となる「うんち教室」プログラムに、大学生ならではのアイデアをプラスして実施してもらいます。

 

このブログでは、各学校で実施したうんち教室についてレポートしていきます。
年度末には、子どもたちの排便事情についても発表します。


また、今年は「うんち教室<特別編>」として、東洋大学国際地域学部の杉田ゼミ生がウガンダでうんち教室を実施しましたので、そのレポートもお届けします。
 

どうぞお楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿