2013年3月25日月曜日

うんち教室まとめ


2012年うんち教室のまとめ■

 

2012年、王子ネピアと日本トイレ研究所で実施する「うんち教室」に参加した子どもの数は計1,649人でした。うんち教室をスタートした2007年から合計すると、11,707人の子どもたちが、うんち教室で学びました。



うんち教室を受けた子どもの数



私たちが直接実施するうんち教室では、実施の前後で子どもたちにアンケートを行っています。4校325人の子どもたちの意識の変化をご紹介します。

========================================


うんち教室実施前におこなったアンケートの「うんちがしたくなったら、学校のトイレでうんちをしますか」という質問で、「うんちをしない」と答えた子どもが34%(100人)いました。

その理由としては、「トイレがくさい」がもっとも多く、次に「トイレが汚い」「落ち着かない」「休み時間が短い」と続きます。


学校でうんちをしない理由


しかし、うんち教室の実施後では、「学校のトイレでうんちをする」という子どもが6ポイント増えました。


Q.学校のトイレでうんちをしますか?



うんちをすることの大切さ、うんちをすることは恥かしくないということ、いいうんちを出すための方法を学んだ効果だと考えられます。

「いいうんちを出すためにはどうしたらよいか」ということを知った子どもは36ポイントも増えました。



Q.いいうんちを出すためにはどうしたらよいか知っていますか?
 
 

「自分のうんちの色や形をチェックする」ようになった子どもは「毎回チェックしている」「たまにチェックしている」を合わせると11ポイント増えました。


Q.自分のうんちの色や形をチェックしていますか?




保護者からは「トイレ・排泄に関する教育は必要だ」という意見が94%を占め、多くの方からトイレ・排泄教育が求められています。


Q.小学校で、トイレ・排泄教育をすることは必要だと思いますか?
 
 
 
======================================
 
子どもたちは、うんちをすることが大切と認識し、いいうんちを出すためにどうすればいいかを意識することで健康について考えることができるようになりました。
これからも、うんち教室がたくさんの子どもたちに届けられるように頑張っていきたいと思います。





 

0 件のコメント:

コメントを投稿