2013年2月25日月曜日

うんち教室レポ_2

養護教諭によるうんち教室②

 

【実施校】市川市立鬼高小学校

 

昨年の「うんち教室研修会」を受講していただいた千葉県市川市立鬼高小学校の養護教諭・寺岡正枝先生が実施したうんち教室を紹介します。

鬼高小学校では、1年生を対象に「トイレからのお便り、体からのお便り」というテーマでうんち教室が実施しました。

トイレに愛着を持ってもらい、きれいに使ってもらうために、「便器」「洗面器」「鏡」から子どもたちへの手紙を作成して、“もっとこうしたら上手に使えるよ!”というメッセージを伝える仕掛けをおこないました。

はじめに、男子小便器と和式便器からのお便りが読まれました。
 
 
和便器からのお便り

トイレに行くことは健康のために良いということ、トイレをきれいに使うための方法やマナーが、やさしく伝わってきますね。

つづいて、登場するのは、表情豊かなトイレの教材です。

 
表情が変わり、とってもキュートでおもしろい!
 
この教材は、すべて寺岡先生の手作りです。学校のトイレを写真で撮って引きのばし、透明のビニールをかぶせて、その上からトイレの表情やうんちを描きます。すると、着せ替え人形のように、トイレにいろいろな表情が生まれます。

また、足型の磁石を使い、足の置き場所を指導しました。これなら、どこに足を置けばいいのかが一目でわかりますね。


もう一歩前へ出よう!
 
しゃがむところが後ろすぎると、うんちがはみでちゃうよ

子どもたちにはうんち教室のことを事前に知らしていなかったのですが、かわいいトイレキャラクターたちと楽しいうんちの話で、子どもも先生も大盛り上がりでした。

4種類のうんちの紹介の時には、男の子も女の子も恥ずかしがることなく、積極的に発言がありました。「ドロドロうんちはくさいんだよー!」など、自分のうんちについて知っている子どもがたくさんいたことに、先生たちは驚いていました。


4種類のうんち

最後は、洗面器と鏡からのお便りです。次につかう人への心遣いや、手洗いのあとはハンカチで手を拭こうといった自分たちでもできることを伝え、うんち教室は終了しました。

いつも使っているトイレからお便りをもらうことで、トイレをより身近に感じながら話を聞くことができたのではないかと思います。
いつものトイレがしゃべりだす!?
 
トイレたちからのお便りをきっかけに、今まで以上に学校トイレに愛着をもってもらえるとうれしいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿