2013年1月28日月曜日

学生_④


■大学生によるうんち教室④■

 

うんち教室を裏方でサポートしてくれた4人を紹介します。

 

========================================

 

■機材関係をすべて担った濱田さん。パソコン操作や音響操作、撮影をすべて一人でこなし、うんちえんぴつ作りのときは子どもたちへのフォローもこなした、影の立役者です。

 
【濱田響子(機材、カメラマン)】
うんち教室に関わることができて、本当に良かったです。今の小学生が抱えている問題について少しは手助けができたのではないかなと思うし、また子どもたちの好奇心旺盛な態度はうらやましく感じました。私たちは色々な物事に対して興味を持つことを忘れてしまって、自分の好きなもの嫌いなものと自然に分けていたように思います。もっと幅広く多様な分野に興味を持つべきだと感じました。

 

 

 

 





■普段は塾でアルバイトをしているという松本さん。うんちえんぴつ作りのときは、上手に子どもたちに対応していました。

 

【松本優季(うんち王国の国民)】
自分たちで一から全て演じることの難しさと楽しさを学びました。試行錯誤の繰り返しでしたが、本番は何とか形になったので良かったです。小学生はみんな元気いっぱいでとても可愛かったです。子どもたちの楽しそうな笑顔を見た瞬間に、やりがいと達成感を味わうことができました。今後もし機会があるなら、「うんち教室」を長期的にやっていきたいです。

 

 

 









■進行のフォローをしていた瀬谷さん。うんちえんぴつ作りでは子どもたちの中に入り、場を和ませながらサポートしていました。

 

【瀬谷藍美(うんち王国の国民)】
めてうんち教室を見学したときは、児童に元気の良さに、これじゃ話の半分も頭に残ってないんじゃないか、と思いました(笑)。自分たちが実施するにあたって、小学1年生との関わりがなかったので、どこまでわかるんだろう、これを言ったらどんな反応があるだろう、とたくさん考えました。でも一番大切なのは「うんち教室」いうネーミングだし、楽しさが大切だなと感じ、小学生を相手にする以上、あとは自分たちが楽しむことが重要だと思いました。「うんち王国ってなに〜?」「なんで、うんち姫こないの〜!」とか、私たちに興味津々だったのが嬉しかったです。また、小学校の先生方を見ているとすごく忙しそうで、準備も含め自分たちが実施する時間内だけでも子どもたちをコントロールできたらいいなと思いました。またうんち教室に関わりたいと思っています。

 

 




■当日参加できなかった大熊さんは、ビデオレターで「うんち姫」として登場。うんち姫のメッセージにより、子どもたちのなかで「うんち王国」のイメージができあがったと思います。姫パワー、すごかったです。

 

【大熊裕紀 (うんち姫)】
 とても貴重な体験をさせていただいてとても感謝しています。うんち教室に参加する前の自分は、大学で衛生や教育についていくら学んでいても実際に自分がプロジェクトを運営する事はできないので、少し他人事のように学んでいたように思います。しかし、今回の活動を通して、どうしたらより自分の描く形に近づけるか、子どもたちに伝わりやすいか、また、同じ運営側であるメンバーとどうしたら自分のビジョンを共有できるかなど、今後のすべての活動において役立つ有意義な体験ができたと思います。今後もうんち教室に参加して、多くの子どもたちのうんちに対する価値観を変えるお手伝いができればと思います。

 

 







========================================

 それぞれの役割をしっかりとこなし、みごとなチームワークでうんち教室を作り上げました。また、実際に自らが考え、悩み、工夫しながら実践することで、新たに気付いたこともたくさんあったようです。この経験を活かした今後の展開がとても楽しみです。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿