2013年1月17日木曜日

学生_②


■大学生によるうんち教室 報告②■


東洋うんちキングダムのメンバーによって実施されたうんち教室について報告します。


【実施日】 20121213日(木)
【実施校】 足立区立東伊興小学校


足立区の東伊興小学校で、1年生88名を対象に行いました。

冬らしいよく澄んだ空と身の引き締まる寒さの1日でした。この日は、元気の良かった大学生たちが、緊張の面持ちでした。

開始1時間前に学校に到着し、機材等の準備をしながら指導教員の杉田准教授と最終打ち合わせを行いました。



舞台裏の準備

うんち王子は、マントと王冠をつけてカーテンの裏にスタンバイ。

だけど、表の様子が気になるみたいです。


右奥に潜んでいるのがうんち王子


いよいよ子どもたちが集まり、うんち教室がスタートしました!



進行役のうんち王子の召使いが登場し、「うんち姫」からのビデオレターでスタートしました。


うんち姫からのビデオレター


そして、子どもたちの「うんち王子ー!!」という掛け声とともにうんち王子の登場です。

うんち王子は、どこ?


うんち王子登場

うんち王国の国民が登場し、4種類のうんちの話をクイズ形式で紹介します。

つぎに、食べ物に詳しい先生が登場し、うんちを出すための3つの約束、消化の仕組み、小腸の長さ、食物繊維を多く含む食べものクイズと、話はすすんでいきます。


4種類のうんちの説明
食物繊維を多く含む食品について





そして、東ティモールからやってきたうんち王子の友達「ジャヤ」の登場です。突然、現地語であいさつするジャヤは、子どもたちに大人気でした。
東ティモールでの映像を見ながら、現地のトイレや東ティモールで行われたうんち教室について解説し、前半の話が終了しました。



ジャヤによる東ティモールの紹介

給食をはさみ、午後からはうんちえんぴつ作りです。
乾くと固まって木になるオガクズ粘土と、4色の絵の具をつかいます。
こちらも、準備はすべて学生たち。子どもたちが来る前のわずかな時間で急いで準備をしました。


うんちえんぴつ作りに向けた準備

うんち王子が作り方の説明をした後、みんなで粘土をこねはじめました。寒いので、粘土が固く苦戦している子どももいましたが、学生たちが手伝いながらでどんどんえんぴつ作りがすすんでいきました。


楽しそうな笑顔です

大学生もこどもたちとえんぴつ作りに奮闘

粘土は、赤、白、黄、緑の食べ物に例えていることを説明

完成まであと少し、王子も熱が入ります

完成!うんちえんぴつを自慢気に見せています


子どもたちの楽しそうな笑顔はもちろん、学生たちもやりきった充実感にあふれた表情になり、初めての東洋うんちキングダムうんち教室は大成功でした!


みんなで記念撮影「うんち大好きー!!」




0 件のコメント:

コメントを投稿